menu

Fashion-Ave.net

LINEがずっと続いているのは脈あり!?好きな男性とデートする方法!

最近はLINEが連絡手段になっていますよね。そんなLINEで好きな人と毎日毎日連絡を取っていたら・・「私の事気になっていてくれるのかな?」と思う女性も多いでしょう。

しかし、実際はどうなのでしょうか?今からLINEがずっと続いているのは脈あり!?好きな男性とデートする方法!について書いていきますね。

スポンサードリンク

1.LINEがずっと続いているのは脈あり!?

これは、ずばり「脈あり」でしょう!!気にならない相手の場合は何日も連絡が続くことはないはずですね。内容が恋愛の話ではなく、たわいもない話だとしても気にならない相手とはLINEは続かないでしょう。
やはり、「気になる」「好き」「好意を持っている」この3つに当てはまると思いますよ。

あなたはきっと気になる人から毎日何かしらLINEが来たらウキウキしますよね。どんな内容であってもLINEの名前が好きな人だったらニヤニヤしてしまいませんか?ドキドキしながらLINEを読みますよね。その内容が世間話であっても「好きな人からのLINE」と言うことでテンションは上がるでしょう。

あなたの好きな人も同じだと思います。気になるからLINEがしたい!そう思っているのではないでしょうか?男性は女性とは違って、LINEが面倒と思う人も多いのです。平気で既読スルーをしたりもするでしょう。

そんな相手から毎日LINEがくるということは「脈あり」と思って大丈夫なはずです。
例えば、一日に2通のやりとりであっても毎日続くと言う事は彼もあなたの事が気になっている証拠になるでしょう。

スポンサードリンク

2.好きな男性とデートする方法!

では今から好きな男性とデートする方法!について書いていきますね。「デート」と言うとドキドキしますよね。それが大好きな相手だったら尚更ドキドキ感がMAXになるでしょう。大好きな人とデートがしたい!!このように考える女性ばかりだと思います。

しかし、脈ありじゃないかもしれないか中々誘えない・・無理って言われたらどうしよう・・と悩んで中々誘えない人もいるでしょう。しかし、LINEが毎日続いていると言う事は少なからずあなたの事を嫌いではないはずです。ですので自信をもって自分から誘っちゃいましょう!!彼とのLINEの内容にもよりますが・・

例えば「○○行ってきたんだけど楽しかった!!」とLINEが来たら、あなたはすかさず「いいな。私も行ってみたい」と言ってみてください。もしかしたら「じゃあ一緒に行こう」となるかもしれませんよ。こうなったらデートのお誘い大成功ですね!自分からではなく相手から誘ってくれてるのですから脈ありでしょう。

「今日は○○食べた」と来たら「私も食べてみたい」もしくは「私も好きなんだよねー」と自分の想いを伝えてみましょうね。その時に好きな人から「へー!○○も好きなんだ。一緒じゃん」と返事がきたら・・最高ですよね!「じゃあ今度一緒に食べようか」となればこちらも大成功!!ですよね。このように彼とのたわいもないLINEから自分の気持ちをさりげなく伝えるときっと男性も誘ってくれるようになるでしょう。

上記2の例は男性から誘ってくれていますが、あなたの言葉に男性が反応してくれているのです。自分から誘っているようにみせないで、誘っている感が恋愛テクニックですね!もしくはストレートに「私○○に行きたいんだけど一緒に行ってくれる人いなくて」と寂しい感をアピールしてみましょう。もしかすると「じゃあ一緒に行ってやるよ」となるかもしれませんよ。

こうなれば「脈あり」ですよね!!男性は好きな人には積極的になる人が多いようです。こちらから男性に仕掛けちゃいましょう!デートにこぎつけた場合は素直な気持ちをアピールするようにしてくださいね。きっと男性も嬉しいと思います。

まとめ

いかがでしたか?LINEがずっと続いているのは脈あり!?好きな男性とデートする方法!についてかいてきました。男性も好きな人や気になっている人とはLINEをしていても負担にはならないと思います。
毎日LINEで連絡を取り合っていると言う事はかなりの確率で「脈あり」でしょう。

怖がらずに自分の気持ちを好きな男性に伝えてくださいね。デートに誘う事もストレートに言いにくければ遠まわしにLINEで話を進めていくと良いと思います。大好きな男性とお付き合いができるように頑張ってくださいね。

合わせて読まれています☆彡
→好きな人のLINEが減った?!意外な理由があった!
→好きな人とLINEが続かない!ときのやりがちなNG行動とは?!

スポンサードリンク
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



ブログランキング・にほんブログ村へ